巻き爪を自宅で改善する

巻き爪を自宅で改善するには、まず爪を切り過ぎない事です。巻き爪になりやすい人は、爪を短くしようとする傾向にあるからです。その為に、爪が指の肉に食い込んで幅が狭くなってしまします。

爪切りをなるべく使用しないで、専用のやすりでお風呂あがりなどにかるく整える習慣をつけましょう。

爪を整える程度にしていくと、じょじょにですがくいこんでいた爪の幅が正常に近づいてきます。やすりで整える事により、過度に切り過ぎる習慣を防ぎます。もし途中で爪が割れる事があれば、マニキュア用のトップコートで保護します。爪の隙間があるなら、綿を詰めて形を整えていく方法もあります。あまりに痛いようなら、無理はしない方が良いです。

詰め物の大きさは、隙間のサイズにあわせると良いです。巻き爪を自宅で改善するうえで大切なのは、足をむくませない様にする事です。

むくみも、足の爪が食い込む原因になあります。また、足の指がきちんと開くように運動をします。足の指でじゃんけんをする練習も効果があります。

5本指のソックスをはくなども効果があります。日中にハイヒールを履く人は、特に足を休ませる習慣を身に付けると良いです。休日には、低めのものやスニーカーをはきましょう。